My Profile by iddy








CATEGORIES

track feed



www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos from gutaring. Make your own badge here.

フィードメーター - [g]ぐうたりん

あわせて読みたい



CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


LINKS
PROFILE
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES







ブログランキングranQ




Bloglinesで閲読登録

RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
OTHERS
<< [巣鴨]寿しの魚常 | main | [memo]チベット展 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | GoogleReaderで購読 | このエントリーを含むはてなブックマーク


デジタル名刺 Poken はリアルからネットに世界をつなげる画期的デバイス

Pokenとは?
Pokenは実際に人と人が出会うことから、さらにその人とのつながりを強くする仕組みを巧妙に実現させてくれるガジェットだ。オフ会だと、ネット→リアルの流れとなるが、Poken は逆にリアル→ネットの流れになる。

別名、デジタル名刺と言われることもあり、属性と用途は名刺に似ている。名刺もリアルで、初めて会った人に渡すものだからだ。

ただ、名刺にアドレスが書いてあったとしても、アドレスを打ち込むのが面倒なので、もらったままで紙として取っているだけのことも多いはずだ。

名刺はあくまで、リアル→リアルの流れを促進するためのものであり、リアル→ネットと、違う世界をつなげるのに適したものではない。


Poken の仕組み
Poken同士をタッチ(重ね合わせる)する<ハイホー>ことで、お互いの PokenID がメモリに登録される仕組み。

帰宅後、Poken をコンピュータに接続し、マウントされた Poken フォルダの中の HTML ファイルにアクセスすることで、Poken のホームにハイホーした相手のプロフィール情報(アイコン、名前、メールアドレス、HP/Blogアドレス、SNSのID)が表示されるようになる。

なお、各人のPokenサイト上のプロフィールは、ハイホーした人の分しか見ることができない上手い仕組みになっている。ここが既存の SNS などとは異なるポイントで、リアルに会ったことがない人には自分の情報が漏れる心配をしなくて良い。


Poken のプロフィールページの使い方
一度にたくさんの人とハイホーすると、いざ家に帰ってサイトにアクセスして写真じゃないアイコンを見ても、名前とリアルで会った顔が結びつかないことが起きてしまう。そういったことを防ぐためにも、アイコンは写真にするべきなのだ。

実際に顔を付き合わせて会っているのだから、顔という身体的プライバシーが知らない誰かに漏れる心配は無用。同様に名前はHNじゃなく(だけじゃなく)本名を記載するのも良いだろう。


さあ Poken してみよう
ヨドバシカメラで販売している他、amazon でも購入可能。Poken Japan では、毎週のように Poken Meetup というイベントを行っているので、ハイホーしにイベントに参加してみよう!

*ちなみに、、、
Poken提灯記事のようですが、どこからも報酬は受け取ってません!単純に Poken に感動したので、珍しく気合い入れて書いてみました!

参考URL
[CNET JAPAN]ソーシャル名刺「Poken」日本上陸--対面のプロフィール交換を簡単に

[IT media]話題のSNS名刺「Poken」創業者が語る、「人になじむテクノロジー」(前編) (1/3)
[Ascii.jp]Twitterユーザー必携アイテム「Poken」の人気の理由
評価:
Poken SA (Switzerland)
¥ 2,480
Amazonランキング: 8088位

| ネットねた | comments(4) | trackbacks(0) | GoogleReaderで購読 | このエントリーを含むはてなブックマーク


スポンサーサイト
| - | - | - | GoogleReaderで購読 | このエントリーを含むはてなブックマーク


コメント
はじめましてこんばんは
twitterのhttps://twitter.com/gutarin/status/2279450539経由で読みに来ました
質問です
『Pokenは実際に人と人が出会うことから、さらに人と人のつながりが生まれる仕組みを巧妙に実現させてくれるガジェット』である具体的理由が書かれていないように感じました。「さらに人と人のつながりが生まれる仕組み」というのはどのようなものですか?宜しければご教示ください。

『オフ会だと、ネット→リアルの流れとなるが、Poken は逆にリアル→ネットの流れになる』ですが、pokenユーザというのは「リアル→ネット」となる程に不特定多数なのでしょうか。
私はpokenユーザではありませんが、その理由の一つに「ハイホー」する理由が感じられない、と言いますかネット繋がりではない場所でpokenユーザに出逢った事がないんですね。これが仕事先でもボランティアサークルでも、飲み屋で意気投合した人でも所有しているというのなら「リアル→ネット」というのもあるのかもしれませんけれど、pokenが日本に登場してからそうした出逢いを個人的に体験していません。
このあたりの感覚が私と少し違うかな、と思ったので質問させて頂きました。
宜しければご回答頂ければと思います。





| ululun | 2009/06/22 11:43 PM |
おおっ、ululunさんお久しぶりです。こんばんわ。

>『Pokenは実際に人と人が出会うことから、さらに人と人のつながりが生まれる仕組みを巧妙に実現させてくれるガジェット』である具体的理由が書かれていないように感じました。「さらに人と人のつながりが生まれる仕組み」というのはどのようなものですか?宜しければご教示ください。

ご指摘の通り、具体的じゃない、というか表現がおかしいです。すみません。

その人を通じて、別の人とつながるという意味じゃなくて、Poken した相手の情報をより簡単に・かつ安全に取得でき、そこでその人との結びつきが強化される、ということを書きたかったのです。。。

>『オフ会だと、ネット→リアルの流れとなるが、Poken は逆にリアル→ネットの流れになる』ですが、pokenユーザというのは「リアル→ネット」となる程に不特定多数なのでしょうか。
私はpokenユーザではありませんが、その理由の一つに「ハイホー」する理由が感じられない、と言いますかネット繋がりではない場所でpokenユーザに出逢った事がないんですね。これが仕事先でもボランティアサークルでも、飲み屋で意気投合した人でも所有しているというのなら「リアル→ネット」というのもあるのかもしれませんけれど、pokenが日本に登場してからそうした出逢いを個人的に体験していません。
このあたりの感覚が私と少し違うかな、と思ったので質問させて頂きました。
宜しければご回答頂ければと思います。

これは、先日、ヒマナイヌ放課後パーティーというのに参加したときの話なのですが、その会ではリアルで会ったことはもちろん、ネットでも見知らない人がはじめて会う場でした。形態的にはお見合いパーティーのような出会いです。たしかに考えてみると、珍しいかも知れません。

で、その際は主催者が Poken ディーラである川井さんであったことも関係してか、Poken 所有率が30%を超えていました。名刺を交換しつつ、ハイホーもしました。名刺の補助ツール的な使い方かなと。

あんまりちゃんとした回答になっていないと思いますが、そんな感じです。
| ぐう | 2009/06/23 12:02 AM |
ご回答有り難うございます〜
迂闊にも「はじめまして」とか書いてしまったorz

ヒマナイヌ放課後パーティですか、ふむふむ
http://www.himanainu.jp/~mt/public_html/project/terakoya/
ググったらこんなのが出てきた。面白そうな試みですねー。
川井さんとは一度名刺交換しているぞ(手持ちの名刺を調べた)面白そうな試みですね。
確かにこうした講座を通して知り合うと「リアル→ウエブ」となる可能性もありますけれど、それは「寺子屋ヒマナイヌ」が出席にpokenを使っているという画期的な試みを採用しているからであり、こうした試みでもなければなかなかpokenユーザに「確実に」出会えるとはちょっと思いにくいのですね。
pokenは、先日も渋谷でフリーpokenという催しを開催していたようですけれど、なんていうのかな「pokenを使ったイベント」という印象が払拭出来ないんですよねー。ググったらhttp://poken.jp/ja/meetups/なんてサイトも出て来ましたけど、これを知ることが出来るのってネットユーザで、しかもpokenの事に興味なければ此処にリーチしないと思いませんか?
なんて言えば良いんだろ「勉強会や異業種懇親会に参加したら終わったあとに「ハイホー」している人がいるでござる」みたいな光景を目撃するのが理想なんですけどね。まー、poken頑張れ、と思いながら自分は渡す程の情報を所有してないんでどっちでも良いかなあ、と思ってますwww
あと、顔写真とか本名とかについてはオフで逢っても「煩悩是道場のid:ululun」と自分の顔や本名を紐付けられても困るので、顔データや本名データは入れないなあ、という感じですねー。
入れておいて迂闊に流出とかしたらヤだし(そんな手間掛ける馬鹿もいないとは思うし、流出しても良いといえば良いんだけど、自己コントロール下に置いておきたいかな)
「寺子屋ヒマナイヌ」参加が実名必須なんだったら(ちゃんとは調べていない)逆にブログとか隠すんで、そうなったら「名前と顔と捨てメアド」くらいしか入れないので「リアル→ウエブ」にはならないだろうしwww
| ululun | 2009/06/23 5:02 AM |
そうですね。人によっては、ブログと本名の紐付けはしたくないこともあると思います。

>「寺子屋ヒマナイヌ」参加が実名必須なんだったら
そうですね。私が行った会は実名必須でした。

まあ、Poken の存在自体がコアなネットユーザにしか知られていない現状は現状としてそうですよね。

合コンとか飲み屋で仲良くなった誰にでもハイホーできるようになると確かに楽しいと思います。
| ぐう | 2009/06/23 10:32 PM |
コメントする









http://gutarin.jugem.jp/trackback/4395